016 小石川|文京区|ポートフォリオ|リノベーションのルーヴィス

東京・神奈川(横浜)のリノベーション設計会社

リノベーションカンパニーROOVICE(ルーヴィス)
TOP > Works2005-2013年前半 > 016 小石川|文京区
リノベーションプランニング
いいね!
04月10日

016 小石川|文京区

所在地
文京区小石川5丁目
種別
リノベーション
企画
オフィスエコー
ディレクター
オフィスエコー 江本響 + ルーヴィス 福井信行
設計
オフィスエコー
設計担当
オフィスエコー 江本響
施工
ルーヴィス
施工監理
ルーヴィス 諸橋輝道
計画面積
75.4m2
撮影
ルーヴィス


エコロジーかつエコノミーな「リユース×リノベーション

洋服や車もそうだが、新しい物を購入すると
それが古くなって行く様を受入れられずに飽きてしまう事がある。
反面、古着や中古車を購入すると、時が経っても飽きづらい。
それはなぜかと以前から考えていた。
リノベーションに携わりながら最近、朧気ながらその理由が判り始めた。
それは、購入する時求めている価値の基準が異なるからだと思う。
新しい物を購入するときは、新しくて綺麗で美しい物に最大の価値を求めている。
中古品を購入する場合は、「新しくない」という事実を受入れて別の何かに価値を求めている。
それは古いものへの味わいや希少性なのかもしれない。
当然、物質は新しい時よりもそれ以外の時期のほうが長いわけで、
結果的に中古品の方が長く使える。いわゆるサスティナブル(持続可能)な考え方である。
ここまではあくまでも個人的な考えである。
今回の「リユース×リノベーション」という企画は
元々モデルルームに展示されていたデザイン性の高い
ガスコンロ・シャワー水栓・レバーハンドルなどをリユース品として再利用している。
リユース品を使用する事でのコストダウンだけでなく、
天井を解体後塗装しない状態にするなど既存状態を有効に活用し、
またローコストである下地材を仕上材としてデザインに組み込むことで
水廻りを含むフルリノベーションにも関わらずローコストでの空間づくりを実現した。
リノベーション前の既存潜在能力を活かすことで、
ローコストながらデザイン性の高い空間となっている。

調査報告
リノベーションレポート

(文:ルーヴィス・福井信行)
リノベーションカンパニーROOVICE
リノベーションカンパニーROOVICE

一覧に戻る

賃貸物件、不動産、店舗等のリノベーションをご検討中ならルーヴィスにお任せください。東京・横浜リノベーション会社をお探しならルーヴィス

(株)ルーヴィス本社:〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-17-4 岩根コーポ7F