027 下目黒|目黒区|ポートフォリオ|リノベーションのルーヴィス

東京・神奈川(横浜)のリノベーション設計会社

リノベーションカンパニーROOVICE(ルーヴィス)
TOP > Works2005-2013年前半 > 027 下目黒|目黒区
リノベーションプランニング
いいね!
03月01日

027 下目黒|目黒区

所在地
東京都品川区上大崎4丁目5-26|東京都目黒区下目黒1丁目8-39
種別
リノベーション
構造規模
SRC造15F
企画
オフィスエコー
ディレクター
オフィスエコー 江本響
設計
オフィスエコー 江本響
設計担当
オフィスエコー 江本響
施工
ルーヴィス
施工監理
ルーヴィス 佐藤麻紀
計画面積
59.56m2
撮影
ルーヴィス
施      工  : 内藤智江、和久井修、矢澤保政、藤田電設、増田修三、他

マンションコミュニティの循環

現場にいると、改修している部屋の中に意識が集中しがちになるが、
これから住む施主にとっては、マンションコミュニティ自体も住まいのうち。
おしゃれなカフェにいっても、料理が美味しくないとがっかりするのと同じで、
いくら室内が自分達仕様にリノベーションされても、
マンションのコミュニティと上手く付き合えなければストレスになる。
そうなると、マンションはただのコンクリートの箱でしか過ぎず、
自分の住まいは室内、という割り切った考え方になっていく。

『マンション雅叙苑』が竣工した1970~80年代は、大型マンションの建設ブームだった。
当時のパンフレットが『マンション雅叙苑』のオフィシャルサイトに紹介されている。
そこに『「人間存在」の設計』というフレーズがある。
このマンションのつくりからして、マンション棟という箱の集まりの中に人を存在させ、
コミュニティを形成していくことが大きなテーマとなって設計がなされていることが分かる。

『マンション雅叙苑』にはこの40年間、継続的なコミュニティが存在している。

そう現場にいて感じることがあった。

具体的に言うと、すれ違う人たちの層が実に幅広い。
若めのご夫婦がそろって出勤し、転んでしまったお年寄りに声を掛けたかと思ったら、
子供に階段で追いかけられる。
改修工事のお知らせがあちこちに張り紙してあることは住人が循環している証拠のように思う。
新築時に入居した若い夫婦は子育てを終え、また2人に戻る。
そこから循環が生まれなければ、住人層はしだいに高齢化し、
結果、マンションコミュニティも先細りしてしまう。

近年、問題になっているコミュニティの高齢化だ。

『マンション雅叙苑』は、住人が自然循環し、管理体制やコミュニティも活力を失っていない。
入居者が入れ替わりながらも、管理体制を繋いできた住民の高い意識によるものかもしれない。

中古マンションのリノベーションは1室の改修にすぎないが、
広義に捉え、自分らしい住まいを手に入れるということだけではなく、
コミュニティを循環させる役割を担うことができるのもリノベーションであるなら、
中古+リノベーションも社会全体のモチベーションに成り得るのではないかと感じた。

(文:ルーヴィス・佐藤麻紀)
リノベーションカンパニーROOVICE
リノベーションカンパニーROOVICE

一覧に戻る

賃貸物件、不動産、店舗等のリノベーションをご検討中ならルーヴィスにお任せください。東京・横浜リノベーション会社をお探しならルーヴィス

(株)ルーヴィス本社:〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-17-4 岩根コーポ7F