050 横須賀市|神奈川県|ポートフォリオ|リノベーションのルーヴィス

東京・神奈川(横浜)のリノベーション設計会社

リノベーションカンパニーROOVICE(ルーヴィス)
TOP > Works2005-2013年前半 > 050 横須賀市|神奈川県
リノベーションプランニング
いいね!
10月11日

050 横須賀市|神奈川県

所在地
神奈川県横須賀市
種別
リノベーション
主用途
週末住宅
構造規模
木造平屋建(一部ブロック造)
設計
ルーヴィス
設計担当
ルーヴィス
施工
ルーヴィス
施工監理
ルーヴィス
計画面積
154.85m2
撮影
望月小夜加
台 所 制 作 協 力 : ティープラスター

これは、
昭和39年に建てられた3棟続きの平屋を
週末住宅にリノベーションしたプロジェクトです。

ここは湘南エリアに近い場所にある港だが、
いわゆる湘南の華やかさはなく、
サーファーやヨットの代わりに、
漁船が並ぶ落ち着いた場所です。

クライアントと初めてお会いしたのは、
去年の年末が近い頃でした。

当初、「頑張りすぎず、落ち着いた感じ」という
コンセプトでご要望を伺った気がします。

とはいえ、
築50年近い大きな平屋で、
リビングから海が見渡すことができる、
魅力的なこの平屋で、
頑張りたくないはずも無く、
僕は自分勝手に迷走を始めていました。

それから数週間が経過し、僕は六本木のバーで
「どうすることがベストか解らなくなってしまっています」
とクライアントに打ち明けた。
返事としては「1日、一緒に合宿してみよう」という事でした。

そして、僕とクライアントは、家具も何もない暖炉だけある、
この大きな平屋に、真冬のある夜に集合した。

この合宿で自分自身何を感じたかというと、
夜空が近い感じや、
夜が明けていくにつれて、見えてくる漁港、
明け方の空気や、冬空を見て、
「自分の考えていることって、もしかしておこがましいんじゃないか?」
ということでした。

この合宿を境に僕の考え方は大きく変化しました。

「自然の力や築50年の歴史には適う訳はない。
既存と景色をより良く引出す方法を考えよう。」と。

開口部を広げたのは、海が大きく見えるように。
壁の存在を消すようにしたのは、既存を映し出す為に。

頑張らないように頑張ったキッチンは、
昔、小学校の校庭にあった手洗い場と同じ工法で、
左官の研出しのキッチンを創りました。

このプロジェクトは、
なにか新しいものを創ったというよりは、
既存の空間に、昔ながらの工法を用いて、
一見、古臭く見えてしまいそうなものを、
古き良きものに見えるように調整していった
プロジェクトです。

(文:ルーヴィス・福井信行)
リノベーションカンパニーROOVICE
リノベーションカンパニーROOVICE

一覧に戻る

賃貸物件、不動産、店舗等のリノベーションをご検討中ならルーヴィスにお任せください。東京・横浜リノベーション会社をお探しならルーヴィス

(株)ルーヴィス本社:〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町3-17-4 岩根コーポ7F